「あややの本棚」

菖蒲亨「自分史2.0}

 本をだいぶ処分した。
 残りのほとんどは会社に送り、段ボール箱に入れたまま、放置してある。

 昨今は便利になって、少し古い本が復刻されていたり、それがネットで簡単に手に入るようになっている。しかも私自身、出版した本を電子書籍化して販売しているが、本を読むにはいまだに紙の本を購入する習慣になっている。そのため、また紙の本がたまっていくのは明らかである。
 そんな中、これまで私は「積読」が多かった。書店などで本を購入しても、読まぬまま積み上げておき、置きっぱなしにしてきたのである。これからもそうなるかも知れない。
 ただ読んだ本は、何を考えて読み、その結果どう考えたのか、ゆるく書きつけていこうと思う。
 私も知らぬ私の頭の中身が、少しは見えてくるのではないか。

 来年1月、私は還暦となる。
 残り三十年ばかりあれば良し。
 おつきあいいただければ幸い。
 残された本と文章をどう活用するかは、皆さんに委ねたい。 

「あややの本棚」、オープン。